会社経営で必要な企業法務を弁護士に相談

心強いパートナーとして弁護士を考えてみる
未分類

法務部が必要になるケース

By on 2017-08-01

それに実際応用的な能力の必要性が増してくる場面において特定の事柄に信頼を置いている立場が必要と判断することがありますが私達も会社の一部を担う一つであるからこそ自然にそして違和感のある状態で働いていくことが出来ますがそれはやはり私達が役割を認識しているからこそであり、今回考える企業法務にとってもまさにそう言えます。私達が所属する会社においてはそういったそもそもの部分において見解の違い等もありますが、やはり私達がそれらから関係ないと思われてしまうくらい、多くのことが行われることになります。

特に会社にとって不可欠とも言える『法務部』が担っている役割が大きく、これも当初で書いたように私達がそれをどのように注目しているかというを基準として考えて発生したトラブルが損失を招く時のことを想定してみると、その必要性に関して、分かることがたくさんあります。仕方なく、それを設置するのではなく、もともと必要なものとして、設置するのです。それは、企業がより良い方向を向き、実際にどのようなトラブルが発生した際にもすぐに対応出来るような力を育てるもの、またその力のようなものを垣間見ることが出来るものとなっています。

未分類

企業法務-法務部の業務

By on 2017-07-31

私達はどのような仕事をしていても、長時間の仕事であっても短時間の仕事を行っていても、その働いている働き先が一つの企業であることが多いでしょう。私達が直接関係することが少なかったとしても、私達はその企業にとっての一員である、と言えます。さて、もしそのような中で私達が何らかのトラブルを起こしてしまったらどのように処置がなされるのでしょうか。そういった責任は、個人だけの問題ではなく、会社全体としての問題になることがあります。ですから、例えば法律上に関して何らか抵触するようなトラブルが起こった場合であっても、私達は個人として、だけではなく、会社の落ち度、トラブルとして扱われることがあります。勿論対処も、個人ではなく会社として扱いますが、そういった場合に、法的な手続きが必要になるかもしれませんが、ではそういった手続きなどに関して、誰が行うのでしょうか。そこで設けられるのが、『法務部』です。法務部は企業に関連する法的事務(企業法務)を行うことによって、もし「会社として」の法的なトラブルが発生した際において、それに対処する能力を持っている人がそこで働くことになります。

実際に企業にとって法務部が必要となる機会はいくつか考えられますが、それにはどのようなケースがあると思われますか。その中で、私達自身に関係することと言えば、どのような点でしょうか。実際に企業が法務部として欲しい人材は、どのような人なのでしょうか。