未分類

企業法務-法務部の業務

By on 2017-07-31

私達はどのような仕事をしていても、長時間の仕事であっても短時間の仕事を行っていても、その働いている働き先が一つの企業であることが多いでしょう。私達が直接関係することが少なかったとしても、私達はその企業にとっての一員である、と言えます。さて、もしそのような中で私達が何らかのトラブルを起こしてしまったらどのように処置がなされるのでしょうか。そういった責任は、個人だけの問題ではなく、会社全体としての問題になることがあります。ですから、例えば法律上に関して何らか抵触するようなトラブルが起こった場合であっても、私達は個人として、だけではなく、会社の落ち度、トラブルとして扱われることがあります。勿論対処も、個人ではなく会社として扱いますが、そういった場合に、法的な手続きが必要になるかもしれませんが、ではそういった手続きなどに関して、誰が行うのでしょうか。そこで設けられるのが、『法務部』です。法務部は企業に関連する法的事務(企業法務)を行うことによって、もし「会社として」の法的なトラブルが発生した際において、それに対処する能力を持っている人がそこで働くことになります。

実際に企業にとって法務部が必要となる機会はいくつか考えられますが、それにはどのようなケースがあると思われますか。その中で、私達自身に関係することと言えば、どのような点でしょうか。実際に企業が法務部として欲しい人材は、どのような人なのでしょうか。